スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市販薬に頼らず時には診断を

2017.01.17 11:00|ニュース
【3人に1人が悩んでいる「頭痛」の種類とその対処法】(gooニュース)
http://news.goo.ne.jp/article/mocosuku/life/mocosuku-20170113124027040.html


本日は、頭痛に関するニュースを発見しました。


私自身が頭痛持ちなのでとても気になるニュースだったのですが、


頭痛の種類が思ったより多かったことにビックリしました!!


片頭痛
片頭痛
「ズキン、ズキン」と波打つような強い痛みが、月に数回起こります。


緊張型頭痛
緊張型頭痛
頭の後ろの部分を中心に、頭を締め付けられるような鈍い痛みが毎日のように続く場合には、緊張型頭痛の可能性があります。


群発頭痛
群発
年に数回〜数年に1度といった頻度で発作的に起こる頭痛で、発症すると1〜2か月にわたって、ほぼ同じ時間帯に毎日、激しい頭痛に襲われるタイプです。
 

二次性頭痛
二次性頭痛
別の病気などが原因で起こる頭痛を総じて二次性頭痛と呼びます。


ちなみに、私は片頭痛でございます(T_T)


まさにズキン、ズキンと波打つような強い痛みが襲ってくるので、


ひどい時は吐き気もでてきたり、たまに胃がムカムカしたりします。


光や音でも痛みが増してしまうのでひどくなる前に薬を飲んで痛みが引くのを待つしかないです。


ですが、薬の飲み過ぎは頭痛が悪化し慢性化してしまう原因、


薬物乱用型頭痛を引き起こす可能性があるとニュースに書いてありました!!
薬飲みすぎ


この薬物乱用型頭痛とはどんなものか調べてみたのですが、


市販薬に含まれるカフェインブロムワレリル尿素アリルイソプロピルアセチル尿素などが原因となっている場合があるそうです。


カフェイン
カフェイン
興奮作用を持ち精神刺激薬のひとつで覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。


ブロムワレリル尿素
ブロムワレリル尿素
鎮静催眠作用あるモノウレイド系の化合物です。


アリルイソプロピルアセチル尿素
アリルイソプロピルアセチル尿素
ウレイド系に属する催眠/鎮静剤です。


難しい内容ですが、市販薬の中に入っている上記の成分によって、


新たな頭痛をうむ可能性があるのです。


手軽に購入できる便利な市販薬ですが、


頭痛が頻繁な方は一度病院に行って、医師に診断してもらう方が安全かもしれないですね。


私も頭痛を薬でごまかす習慣を考え直さないといけないですね( ̄^ ̄)ゞ




最後までお読みいただきありがとうございます。


今後もニュースの中で気になることがあったら随時更新していきますので、


宜しくお願いします。


テーマ:時事ネタ
ジャンル:ニュース

Comment

非公開コメント

| 2018.05 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
【HN】ゆはな

【現在の住まい】栃木県

【出身地】アルゼンチン

【趣味】パソコン勉強、パチンコ・スロット←(現在は休業中です)

【仕事】パチンコ屋さんで働いております

【家族】妻と3人の娘がいます

当ブログは、私が気になったニュースから1つ抜粋して少しだけ掘り下げて検証しようと思い書いております。たまにまったくニュースに関係ない内容もございますが息抜きにご覧下さい。私の記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

アクセス解析

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

フリーエリア

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。