FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盗撮対策 あなた自身が盾を持って下さい!!

2016.12.26 11:00|ニュース
【盗撮、手口の主流はスマホの消音アプリ悪用 横浜駅が“定番スポット”】(gooニュース)
http://news.goo.ne.jp/article/kanagawa/nation/kanagawa-61720605.html


本日は盗撮に関してのニュースです。
盗撮


男性が被害にあうことはほとんどないと思いますが、女性からしたら大変な事件です!!


盗撮犯は見つからないよう、日々進化して盗撮を行っています。


テレビの警察密着24時などでもよく取り上げられて犯人逮捕とやっておりますが、いなくならないのが現実ですね・・・


そこで今回は、記事内にも書いてあった自衛について書きたいと思います。


自衛とは自己防衛の略ですね!!自分の力で自らを守るということです。
自己防衛


駅では痴漢や盗撮など様々な危険があります。


そんな被害にあわないために、どのような対策をすればいいのか紹介したいと思います。


まず駅によくある【エスカレーター】を使用する時。
エレベーター


構造上どうしても段差ができてしまうため盗撮されやすいです!!


みなさん警戒してバッグなどで隠していると思いますが、


手持ちに隠せるものが無い時は、手すりに背中を向けて立つだけでも盗撮対策になります。


ちなみに、エレベーターのある駅ならそちらを使ったほうが安全ですね。


あとは、プレイヤーで音楽を聴いているときや、本を読んでいるときも注意して下さい!!


集中していると取られていることに気付かないことがあるので常に注意する気持ちを忘れないでください。


そして、一番気を付けるのは【服装】ですよね。
スカート


スカートをはかないのがベストです!!!


でもスカートをはかないといけない(学生など)人は、厚めのレギンスやジャージなどをはくといいです。


ですが校則などで禁止されている場合は難しくなってしまうので次の方法を実践して下さい!!


その方法は、【おばちゃんの前に立つことです!!】
おばちゃん


少し失礼な表現となってしまいますが、マダムが持つ人生の経験値はきっとあなたを守ってくれるでしょう( ̄^ ̄)ゞ


他人様の力を借りるので迷惑のかからない程度にやっていただくことになりますが、


可能なら最強の盾になってもらいましょう。


男性ならば痴漢なんて心配しないで電車に乗れますが、女性は常に警戒することが大切です。


警戒し続けるのはとても疲れて余計な苦労となってしまいますが、頑張ってやり続けることで習慣となり、


いずれは無意識でも注意できるようになります!!


女性専用車両があるところはいいですが、まだまだすべての電車に設けられているわけではありません。


自分が辛い思いをしないためにも日々の警戒心を忘れないで下さい+゚。*(*´∀`*)*。゚+




最後までお読みいただきありがとうございます。


今後もニュースの中で気になることがあったら随時更新していきますので


宜しくお願いします。


【心と体の学びを、より役立てるコツ】
http://www.blo-zou.com/report_get.php?id=m1000034547_75&n=b0000013932
※悩んでるあなたの参考になる無料レポートです。ご自由にどうぞ※






テーマ:時事ネタ
ジャンル:ニュース

Comment

非公開コメント

| 2018.10 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ゆはな

Author:ゆはな
【HN】ゆはな

【現在の住まい】栃木県

【出身地】アルゼンチン

【趣味】パソコン勉強、パチンコ・スロット←(現在は休業中です)

【仕事】パチンコ屋さんで働いております

【家族】妻と3人の娘がいます

当ブログは、私が気になったニュースから1つ抜粋して少しだけ掘り下げて検証しようと思い書いております。たまにまったくニュースに関係ない内容もございますが息抜きにご覧下さい。私の記事が少しでもあなたのお役に立てたら幸いです。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

アクセス解析

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

フリーエリア

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。